スポンサードリンク

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車購入融資における審査

車を買う融資を受けるには、審査があります。


自動車購入資金をローンで支払うには、銀行か消費者金融か自動車販売店か
のどこかで融資の申し込みをしなければなりません。


それぞれの特長を知って自分に合うところを選びましょう。


銀行から自動車購入用の融資を受ける場合、購入する自動車の見積もりを提出
して審査を受ける形になります。自分の名義にする車の購入にのみ、銀行からの
借入は認められています。




銀行の融資に通ることが出来れば、消費者金融や自動車販売店のローンより
低い利率で利用が可能です。ただし銀行の審査は基準がきついので、誰でも融資を
受けられるわけではありません。


年収や居住スタイルだけでなく、仕事先、業種、勤続年数、居住形態、他社借入件数
なども審査対象です。


車を購入した自動車販売店でそのままカーローンを組む場合、信販系のキャッシング
会社を使うことになるでしょう。


信販会社は自動車販売店との付き合いもあるので、その分ローンが組みやすいようです。


銀行と同じ内容の審査でもこちらの方が甘くなります。但し、銀行に比べたら金利も
高く、支払いが完了するまでは自動車の所有権は自動車販売店にあり、自分は
ただの使用者になります。





販売店でローンを組むと、お金を払い終わるとようやく名義が移されます。


消費者金融では、特に自動車購入用の融資は設けていないことが多く、自動車購入
のためには、使用用途をこだわらないフリーローンと呼ばれる融資を受ける形になります。


消費者金融で利用ができるローンは銀行系や信販系より金利は高めな反面、審査が
ゆるいという利点があります。









スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ライフ

Author:ライフ
40代2児の母。
仕事に子育て家事にネット。
毎日充実?!した日々を送って
います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。