スポンサードリンク

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーローンと審査条件について

借入金の使途を特別に指定していないタイプのローンをフリーローンといい、使い道が決まっている
目的型ローンと区別されます。


融資を受ける際には審査が欠かせませんが、どんな条件ならばいいのでしょう。


金融会社によっては、教育ローンやカーローンなど目的型ローンの方が利用限度額が高かったり、
低金利に設定する傾向があるようです。


フリーローンは便利ですが、いろいろなローン商品を比較して選ぶ事が大切です。
キャッシング審査には、有利になる条件、不利になる条件があります。まずは年収については、
50万円以下の金額を借りる場合、ほとんどの銀行や会社では収入証明は必要ありませんが、
50万円を超えるフリーローンの場合は、給与明細、源泉徴収票、納税証明書等の提出が必要に
なります。


個人差はありますが、審査が通りやすくなる年収は最も低いものでも200万円ほどが求められます。



どういった会社にどれだけの間勤め続けているかも、審査の中では確認されます。収入がなく
なるとそれに伴って返済力も落ちますので、職場の状況などをチェックするのです。


本来なら無職扱いであるはずの専業主婦は、審査の対象が旦那さんになるので、十分ローン
を組めます。
家庭の主婦がフリーローンを利用する場合は、本人がパートなどで収入がある場合は年収計算
は夫婦合算したもので、他社を利用している件数も夫婦で合わせるそうです。


審査を行う際には、今の仕事にどれだけの期間を継続して勤めていたかも確認されます。
その職場で働き初めて半年以内では審査対象になりえず、一年を越えている必要があります。


申込み時の連絡先に偽りがなく、申込者は間違いなくその会社にいることを知るため、在籍確認
が行われます。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ライフ

Author:ライフ
40代2児の母。
仕事に子育て家事にネット。
毎日充実?!した日々を送って
います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。