スポンサードリンク

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーローンの審査が通りやすい条件

フリーローンの審査が通りやすい条件について。

審査の対象として居住年数があります。審査に通りにくいのは、今の場所に引っ越してきてから
1年が経過していない人です。今の場所に住所が定まってから1年が経つまで、フリーローンの
融資は受けない方がいいでしょう。

また、審査対象の一つに同居している家族がいるかどうかという点があります。1人暮らしの人の
場合、突然連絡が取れなくなる可能性が家族持ちより高いと見なされ、審査が厳しくなります。

また、電話番号も確認されます。自分の家に電話を所持している人ほど、キャッシング審査には
通過しやすくなるようです。

キャッシングの審査をする時には、自宅の固定電話はどんな時でも連絡可能な大事なものとされ
ています。返済に問題が生じた時など、ここにかければ連絡が取れるからです。


フリーローンの審査に落ちる一番の原因は、借入件数が多い場合です。借入総額が高い人よりも
借入件数が多い人の方が、評価が悪い様です。連続して何社ものローンを申込みをすると適用さ
れる規定があり、その規定によってそれからはどこからも融資を受けることができなくなることもあり
ます。


キャッシングサービスを利用した客のデータは信用情報機関というところに集積されています。
一定条件が整えば照会が可能です。取引内容は、借入情報から破産情報まで様々あり、借入を
増やしたり、返済が遅れる度に、報告されます。


金融事故とは返済が3ヶ月以上遅延した時の名称です。情報にナンバリングされ残りますので、
できるだけ避けてください。


信用情報機関に金融事故の記録が残っているうちは、新しくキャッシングの申込みをしようとして
も審査に通りません。情報が消えるまで1~5年ほど待つ必要があります。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

ライフ

Author:ライフ
40代2児の母。
仕事に子育て家事にネット。
毎日充実?!した日々を送って
います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。